ジャニーズまとめ:ジャニちゃん

ジャニーズの最新情報を発信します。 SMAP・TOKIO・嵐・関ジャニ∞・Hey! Say! JUMP・Sexy Zone・Kis-My-Ft2・KAT-TUN・ジャニーズWEST・NEWS・King&Prince・V6・KinKi Kids・A.B.C-Z・タッキー&翼など…グループに捕らわれず情報とお届け致します。

    スポンサーリンク

    渋谷すばる脱退真実

    1280x720-E6j


    1: 2018/04/17(火) 14:54:04.83 .net



    悲しいな😢
    ユーチューバー如きに媚び売るとか

    【関ジャニ∞脱退してジャニーズを辞めた渋谷すばるの近い将来がコチラwwww】の続きを読む

    image-20180413145758-486x290


    1: 2018/04/14(土) 10:08:21.74 ID:CAP_USER9
    「渋谷は以前から、ジャニーズ的なアイドル活動に抵抗があったようで、番組収録中にも何度かトラブルを起こしています。よく知られているのは、15年の『ズームイン!!サタデー』(日本テレビ系)での不貞腐れ騒動でしょう。主演映画『味園ユニバース』の宣伝で同番組に出演した渋谷でしたが、終始やる気のなさそうな表情を見せ、足を投げ出すように座ったかと思えば、クイズを出題されてもガン無視する始末。エンディングでも映画をPRするどころか、司会の上重聡アナウンサーの質問に「頑張った」などとカタコトで応答するのみという異常さでした」(スポーツ紙記者)

     当時、渋谷の態度はソーシャルメディア上でも話題となり、「渋谷すばる、朝から不機嫌な顔がめちゃ不愉快。何様?」「機嫌悪いんだかなんだか知らないけど見てるこっちまで気分悪くなる」「ズムサタの渋谷すばるのやる気のなさはなんなの。もともとこういう人なの?」などと批判が殺到している。また、渋谷には過去、プライベートの素行に関して不穏な報道も噴出していた。

    「2008年7月に『週刊女性』(主婦と生活社)が報じたところによると、渋谷はプライベートのパーティーで、参加者の女性にアルコールの一気飲みを強要。一人の女性が倒れたため仲間の女性が救急車を呼ぼうとすると、“お前ら、救急車呼んだら人生終わったと思えよ。そんなヤツ、死んだらええねん!”と言い放ったという“鬼畜ぶり”が伝えられました」(前出・記者)

     さらに現在はすでに消しているようだが、ジャニーズJr.時代は右手の甲に「ドクロのタトゥーを入れていた」ことも有名だった。昔からヤンチャな一面があったことは知られていたとはいえ、突然の脱退報道に多くのファンは悲しんでいる。
    https://news.infoseek.co.jp/article/dailynewsonline_1422546/


    【渋谷すばるは脱退ではなく『クビ』という噂は真実か?プライベートでの素行の悪さが異常、、、】の続きを読む

    9 (1)

    24: 2018/04/15(日) 12:10:29.98 ID:Pp6cpubv0
    ぱっとしないまま終わったよな関ジャニとカットウーンとセクシーゾーンは

    【メンバーの脱退…『関ジャニ』『KAT-TUN』『Sexy Zone』ってパッとしないまま終わったよなwwww】の続きを読む

    x240-L5l

    1: 2018/04/17(火) 06:50:13.06 ID:CAP_USER9
    ジャニーズ事務所所属の人気グループ「関ジャニ∞」のメインボーカル、渋谷すばる(36)のグループ脱退は、SMAP解散独立騒動に続く衝撃を各方面に与えている。

     発売中の写真誌「フライデー」の一報を受け、ジャニーズが15日、渋谷の脱退会見を都内のホテルで開いた。渋谷は今年12月31日をもってジャニーズ事務所を退社することを発表。メンバー全員は渋谷の離脱を止めようと必死の説得を試みたが気持ちは変わらず。最終的には渋谷の決断を尊重し、ジャニーズ事務所としては初となる、メンバー同席の脱退会見となった。

    「メンバー7人のうち、安田章大は入院中のため会見を欠席しましたが、コメントをスタッフが代読していました。質疑応答ではSMAPの名前こそ出しませんでしたが、脱退は事務所の先輩の影響か? と問われて、渋谷が“まったくない”と否定する一幕もありました」(取材したワイドショー関係者)

    長くジャニーズを取材する芸能ライターが言う。

    「渋谷は関ジャニ∞の2004年のCDデビュー曲『浪花いろは節』以来のメインボーカル。ジャニーズ随一の歌唱力で知られる存在です。歌に力を注ぐ一方で、お笑いやバラエティーでも売っている関ジャニ∞とは一線を画すと言いますか、毛色が合わないところがあり、ゆくゆくは独自路線を歩むであろうことは、ほとんどのファンも知っていました。実際、ソロアルバムをリリースしたり、ソロでライブをやったりしていて、かなりの集客力を見せている。そういう自信もあって、アーティスト、ボーカリストとして独り立ちしてもやっていけるのではないかと本人も周囲もみていた。そういう意味で言うと既定路線です」

     では、脱退は円満で、SMAPの時のような波風が立つことはなかったのかというと、「とんでもない」とこう続けた。

    詳しくは
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/227315/3

    【『SMAP解散』→『嵐・二宮の女スキャンダル』→『関ジャニ∞渋谷すばる脱退』ジャニーズ帝国崩壊の危機、、、】の続きを読む

    このページのトップヘ