ジャニーズまとめ:ジャニちゃん

ジャニーズの最新情報を発信します。 SMAP・TOKIO・嵐・関ジャニ∞・Hey! Say! JUMP・Sexy Zone・Kis-My-Ft2・KAT-TUN・ジャニーズWEST・NEWS・King&Prince・V6・KinKi Kids・A.B.C-Z・タッキー&翼など…グループに捕らわれず情報とお届け致します。

    ニノ

    gdfg


    1: 2018/06/11(月) 11:51:50.45 ID:CAP_USER9
    嵐の二宮和也(34)が主演を務め、ダークヒーローぶりが話題を呼ぶTBS日曜劇場「ブラックペアン」(日曜後9・00)の第8話が10日に放送され、平均視聴率は16・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが11日、分かった。物語も最終章に突入し、自己最高を更新。今クールの民放連続ドラマで1位の数字を叩き出した。

    これまで初回13・7%で好スタートを切ると、第2話=12・4%、第3話=12・1%、第4話=13・1%、第5話=13・4%、第6話=13・0%、第7話=13・0%と高水準で推移していた。前回から一気に3・6ポイントの急上昇。テレビ朝日「特捜9」(水曜後9・00)の初回16・0%を上回り、今クールトップに躍り出た。最終回まであと2回、テレ朝の刑事ドラマ3本を猛追し、平均でも今クール1位を狙う。 


    【やはり嵐・二宮和也の演技はすごかった…ブラックペアンの視聴率が凄すぎる!!!】の続きを読む

    f68d681a-s

    1: 2017/10/12(木) 21:00:26.140 ID:IxW8nek2M.ne
    二宮 和也(国民的アイドル)
    高卒
    低身長
    イケメン
    高収入
    女性から大人気

    cca56c8c

    俺(ニート) 
    大卒
    高身長
    ブサイク
    収入0
    女性経験なし

    【ニートの俺、国民的アイドル二宮に惜しくも負けるwwwww】の続きを読む

    001_size6

    1: 2018/05/14(月) 09:46:53.57 ID:CAP_USER9.net
    嵐の二宮和也(34)が主演を務め、ダークヒーローぶりが話題を呼ぶTBS日曜劇場「ブラックペアン」(日曜後9・00)の第4話が13日に放送され、平均視聴率は13・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが14日、分かった。

    松本潤の99.9にくらべたら低すぎるし、内容も面白くないww

    名医がやるのは縫合だけwww

    ドクターXやってくれwwww


    【嵐・二宮主演「ブラックペアン」が大コケすぎて深刻な事態wwwwwww】の続きを読む

    o0750041414176516396

    1: 2018/04/23(月) 13:03:32.23 ID:CAP_USER9
    『嵐』の二宮和也が主演する連続ドラマ『ブラックペアン』(TBS系)が4月22日にスタートした。
    医師としての技術は確かだが、金のためなら手段を選ばないという医師を演じる二宮の演技が高く評価されたものの、先ほど報じられた交際の件が影響して、二宮ファンからは「見る気がしない」と批判が相次いでいる。

    ツイッターを見る限り二宮の演技は高い評価を受けている。

    《衝撃の悪役っぷりだった》
    《二宮の怒号はイイねぇ。悪役似合うジャニーズだわ》
    《二宮くんは評価されるだけあって悪役もハマり役》

    だが一方で、フリーアナウンサーの伊藤綾子との交際が報じられており、ドラマで同じくフリーアナの加藤綾子との食事シーンもあった二宮に対して、批判めいた投稿も見られた。

    《二宮が頑張ったりするのもファンのためより伊藤綾子のためだと思うと吐き気がするしつらくなる》
    《終始伊藤綾子がチラついてちゃんと集中出来なかった感はある》
    《視聴率5%とかだったらさすがに伊藤のこと反省すると思う》
    《加藤綾子が出てきたときに幻滅してなぜか伊藤綾子がよぎって冷めちゃった》 

    【嵐・二宮和也主演『ブラックペアン』の視聴率が伸び切らない本当の理由とは???】の続きを読む

    DbeYNw6UQAA-IVP


    7: 2018/04/23(月) 15:04:29.70 ID:KR2QwgBf0.net
    これ面白いからまた右肩上がり神推移しそう

    99.9も余裕で抜くなwwww
    ph1-1

    【【二宮和也(ブラックペアン)】 VS 【松本潤(99.9)】の勝敗はどっちだと思う?wwww】の続きを読む

    このページのトップヘ