ジャニーズまとめ:ジャニちゃん

ジャニーズの最新情報を発信します。 SMAP・TOKIO・嵐・関ジャニ∞・Hey! Say! JUMP・Sexy Zone・Kis-My-Ft2・KAT-TUN・ジャニーズWEST・NEWS・King&Prince・V6・KinKi Kids・A.B.C-Z・タッキー&翼など…グループに捕らわれず情報とお届け致します。

    ガッキー

    8fe17e6d-s


    1: 2017/10/16(月) 21:17:38.65 ID:CAP_USER9.net
    間違いなく錦戸亮だろ?
    665

    でもな…ガッキーの身長考えてw
    どれだけ共演出来ないジャニーズがいると思う?www
    【新垣結衣(ガッキー)に恥をかかせたジャニーズを許せるか?www】の続きを読む

    maxresdefault

    1: 2018/02/26(月) 16:11:25.91 ID:CAP_USER9.net
     『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』の公開日が7月27日に決定し、特報映像と新ビジュアルが公開された。

     本作は、リアルな医療・災害現場の描写とともに、主人公たち5人の成長物語と患者とそれに接する人々が織りなす人間ドラマ。フジテレビ系で
    1st Season(2008年)放送後、スペシャルドラマ(2009年)、2nd Season(2010年)、3rd Season(2017年)と次々に続編が制作され、
    誕生から10周年を記念して映画化が決定した。主人公・藍沢耕作ら5人が歩む、それぞれの旅立ちへの道が描かれる。

    詳しくは
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180226-00010014-realsound-ent

    『劇場版コード・ブルー –ドクターヘリ緊急救命-』特報映像【2018年7月27日公開】


    【【期待大】山下智久・新垣結衣出演『劇場版コード・ブルー』特報映像が公開!!】の続きを読む

    DNDmsY7VoAAa32-

    【嵐 + ●● 顔をミックスしたらすごいことになったww【VS嵐】】の続きを読む

    DM1lzAhUEAEIMzc

    おこぼれで共演を狙ってる村上さん。
    (´Д`)ちょっとだけな。ラブストーリーやりたい言うてんねん!
    #夜ふかし pic.twitter.com/e4hdLdQEo5
    【村上信五がガッキーとラブストーリーで共演を希望していたwww【夜ふかし】】の続きを読む

    DMgQt4CUEAEvmRo

    モニタリング→THE夜会 の神ゴールデンありがとう。今日休みでよかったー。 pic.twitter.com/BgitrjToxI
    【ガッキーのコスプレの可愛さに櫻井翔も惚れ惚れするwww【THE夜会】】の続きを読む

    CBvuGYJVEAEcyG0

    1: 2017/10/11(水) 13:01:31.57 ID:CAP_USER9.net
    新垣結衣「バカ説」いまだにくすぶる......それでも「木村拓哉よりマシ」の声が出る理由

    今もっとも勢いのある女優といえば、多くの人が新垣結衣と答えるだろう。
    大人しいほんわかした雰囲気の彼女だが、一部ファンの間では「伝説」として残っている「事件」がある。
    ネット上では『ガッキーってバカだったのか』『かわいいからいいよ』『さすがにドン引いた』などなどさまざまな意見が殺到。今でもファンの間では伝説となっているようです」(記者)

     残念ながら勉強は苦手な新垣のようだが、そんなことができなくても生きていけるわけで、大した問題ではないのかもしれない。

    ただ、芸能人には堂々かつ無理をして「ポカ」をやらかしたスターもいる。
    「かつて『笑っていいとも!』(フジテレビ系)のスペシャルに出演した木村拓哉さんが『主役にしかできない特権は?』という質問に対し『Love Seans』と英語で書いたのですが、
    正しくは『Love Scene』。ドヤ顔で出しただけに恥ずかしいなんて声が溢れましたね。木村さんは他にも背伸びして英語を表記して間違っていたという例もあります。無理はしないほうがいいですよね」(同)


     やはり、自分の知らないことを即興でやるのはハードルが高いようだ。

    詳しくは
    http://biz-journal.jp/gj/2017/10/post_4560.html

    【「木村拓哉よりはマシ」キムタクが新垣結衣よりバカだったと露呈してしまうwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ